日本の改革

日本の改革に関するブログです。あるべき改革や政策等について考えていきます。

与野党とも通常国会で、あらためて「霞が関埋蔵金」の発掘と国民への還元を!:労働保険特会積立金、官民ファンド等

今日の要点

・勤労統計のインチキのせいで失業保険の給付が数百億円増えても、政府は全然余裕でしょう。厚生労働省特別会計には、純資産が7兆7000億円あります。これほどの余裕資金、有効活用して、もっと国民に還元すべきです。

・官民ファンドも全部廃止して解散・清算し、国民に還元すべきです。

・第一次安倍政権以来、自民党旧民主党も、役人どもがムダに貯めてる「霞が関埋蔵金」発掘をやってきましたが、まだまだ全然掘り出せます。今年は選挙です。与野党とも、通常国会埋蔵金をガンガン掘り出して、国民に謝恩還元セールをしましょう!

勤労統計のインチキで失業給付が数百億円増えても大丈夫。労働保険特会の雇用勘定の純資産は7兆円超え⇒そんなに積んでるなら、国民に還元せよ。

賃金や労働時間を示す毎月勤労統計でインチキな調査があり、民間給与が実際より低く計算されていた問題。このため、雇用保険の失業給付などで、国はあと数百億円を余分に払わないと言います。このため、来年度予算案を急きょ修正するようですが、通常国会直前で、前代未聞の事態です。

www.nikkei.com

追加的に発生する給付が数百億円と巨額ですが、政府はこの支払いには全く困らないでしょう。雇用保険の給付は、労働保険特別会計の雇用勘定からお金が出ますが、この勘定の積立金だけで、純資産(資産から負債を引いた差額)が7兆7000億円を超えているからです(以下のリンクの40ページ目)。

https://www.mhlw.go.jp/wp/yosan/kaiji/dl/roudou16.pdf

労働保険特別会計については、失業率が下がっているため(この点は安倍政権の素晴らしい成果です)、毎年剰余金が発生し、積立金がそれほど巨額になっています。ちなみに、労災勘定の純資産は一桁少ないですが、それでも6000億円超です(上記リンクの3ページ目)。

これほど巨額の積立金、ただ積んでおくだけではなくて、有効活用すべきではないでしょうか?原資は国民からの保険料等なのですから、国民に還元すべきではないでしょうか?

安倍政権は、野党からそう言われ続けました。最初は保険給付以外に使わないの一点張りだったのに、そのうち折れて、2016年に雇用保険の保険料を下げました。さらに2017年、社会人の学び直しの支援にも、この特別会計を利用する方針を示しました。

www.nikkei.com


www.nikkei.com

今回、基幹統計である勤労統計で、10年以上にわたるデタラメな調査が判明しました。失業保険給付が増えるこの機会を捉えて、与党も野党も、あらためて労働保険特別会計の積立金の有効活用=国民への還元を政府に迫るべきです。

官民ファンドも全て解散・清算して残余財産を国民に還元せよ。

官民ファンドも、税金による巨額出資金を全くムダに使うか、そもそも使いもせずに遊ばせています。一昨日のブログで書いたように、政府は、現状では、官民ファンドを厳しく監督するつもりがないようですが、使用見込みが低い出資金等の国庫納付・配当を完全に排除はしていません。世論の動向次第で、ファンドの解散・清算をすることも出来るはずです。

産業革新投資機構は完全に国民の信頼を失いましたし、他のファンドはどれも投資の失敗、利益相反情報隠蔽等、ひどい有様です。それでも、まだ純資産はプラスです。産業革新投資機構の1兆円がその大部分を占めますが、純資産がプラスの今のうちに、全て解散・清算して、残余財産は株主、つまり国民に還元すべきです。

与野党ともに、通常国会霞が関埋蔵金の更なる発掘を!役所の財布をこじ開けて国民に還元を!

今どき、特別会計や官民ファンドの改革だなんて、まるで旧民主党事業仕分けみたいだな、なんておっしゃるには及びません。霞が関埋蔵金発掘は、自公政権も、民主党政権も、両方が結構頑張ってやってきたことだからです。
www.nikkei.com

上で紹介したのは、日経新聞の2012年12月3日の記事ですが、それによると、2005年~2012年の8年間で、埋蔵金発掘の実績は、

自公政権:18兆円

民主政権:17.5兆円

と、ほぼ引き分けです。

2013年以降の安倍政権でも、先の労働保険特別会計を利用したり、特別会計を有効活用する例がないではないのですが、いかんせん、規模が小さく、本気度が感じられません。

与党は、選挙イヤーの今年、かえってチャンスではないですか?昨年から今年にかけて、霞が関では、公文書捏造、前時代的な汚職、政府統計や官民ファンドのデタラメぶり等が次々と明らかになりました。国民は役人の堕落ぶりに、驚き、呆れ、憤っています。もう役人達に巨額資金を預けておけません。役人の財布と化した霞が関埋蔵金を、国民に取っ払いで還元しようじゃありませんか。消費増税など撤回して、国民の皆様に謝恩企画です。

野党もチャンスです。通常国会では、徹底的に霞が関埋蔵金の国民への還元を迫って、政府与党を追いつめるべきです。蓮舫議員などは、仕分けの女王の意地を見せてほしいところです。ただし、念のために言いますが、質問通告等はルール通りやって、正々堂々でないとダメですよ。旧民主党は、議員どころか秘書や政党職員までが官僚に横暴な態度とって、すっかり霞が関に嫌われたようですが、今後は絶対そんなことがないようにしましょう。徹底的に法令・規則と実態を調べ上げて、あくまでフェアプレイに徹して、ダメ大臣とダメ役人達を、ぐうの音も出ないくらいギリギリ締め上げて(ブラック労働させろという意味じゃないですからね!)、埋蔵金を国民に還元させて下さい。