日本の改革

日本の改革に関するブログです。あるべき改革や政策等について考えていきます。

消費税

野党は、統計不信では、実質賃金マイナスより、賃金の上振れを叩け。アベノミクスでは、実質賃金マイナスより、消費水準の低迷を叩け。

今日の要点 ・統計不信の問題につき、野党は、実質賃金のマイナス(事業所の入れ替え)より、賃金の上振れ(復元処理)こそ追及すべきです。ここが統計不信の根源です。 ・そもそも、マイナスの実質賃金よりも、2014年の消費税増税による消費の低迷こそが、…

立憲民主党は、「本当に」消費税増税に反対か:連合は消費税増税に賛成。自治労もおそらく賛成。

今日の要点 ・現在、野党は立憲民主党の一強体制です。参院選で政府・自民の目を覚まさせるには、立民に票を集めるのが効果的なのが現状です。 ・しかし、立民が「本当に」消費税増税に反対かは疑わしいと思います。連合はもちろん、おそらく自治労も、消費…

野党は、野合もダメ、バラバラもダメ!:野党は①消費税、②原発、③行政改革につき、国民の前で公開討論せよ

今日の要点 ・参議院で進む野党の再編成。政策の議論がないと、国民は支持しません。野党は、統一地方選・参院選の前に、国民の前で公開討論すべきです。国民民主党と維新は、生き残りをかけて、「一強立憲民主党」に公開討論をお願いすべきです。 ・特に、…

改革派の財政政策①-2:増税より歳出削減(Part2)⇒増税か歳出削減か、国民が選択できるようにすべき。

今日の要点 ・増税より歳出削減を優先すべきという、経済学者アレシナの考え方を紹介します。「歳出削減は増税より経済へのダメージが小さい」というアレシナの最近の説は、日本経済について、説得力を持ちます。 ・民主的正当性という点から言えば、増税か…

改革派の財政政策①:増税より歳出削減

小泉政権の改革や橋下徹氏の大坂維新改革につき、財政的な緊縮政策で望ましくないという批判があります。小泉氏も橋下氏も、確かに多くの分野で歳出削減を行いました。歳出削減や増税は、国民・住民の痛みを伴います。これらの政策は、どのような場合に正し…

消費税増税の是非:安倍政権は、小泉政権の改革の原点に立ち返れ。

今日の要点 ・政治家達は消費税率を20%くらいに上げたいのが本音のように見えます。 ・このような安易な増税路線は、2012年の「社会保障と税の一体改革」が出発点です。使い道も決めずに、歳出削減の努力もせずに増税だけ先に決めるやり方を、国民は二度と許…