日本の改革

日本の改革に関するブログです。あるべき改革や政策等について考えていきます。

2019年度補正予算案、衆院通過:前原誠司氏、剰余金は出来るだけ国債償還に回せという、度し難い緊縮財政路線

2019年度補正予算案の審議で、前原誠司氏が、剰余金は財政支出でなく、財政法通りに国債償還に充てるべきと主張。相変わらず発想が緊縮財政すぎます。 「施政方針演説はウソじゃないか」 2019年度補正予算案が、衆議院を通過しました。 今日の予算委員会で、…

衆議院予算委員会、オンライン診療での徹底した規制改革求めた公明党の質問が白眉。立民等の野党は見習うべき。

今日の予算委員会、公明党の国重徹議員が、オンライン診療の適用範囲が狭すぎると批判したのが光っていました。立憲民主党に新材料ほぼなく、今日は空振りです。 公明党がオンライン診療で徹底した規制改革を主張 衆議院の予算委員会1日目、立憲民主党の質問…

維新の馬場幹事長、NHK日曜討論で、消費税「減税」発言。れいわ・共産に同調と見られかねないので再考か撤回を。

日本維新の会の馬場幹事長が、消費税の減税を主張。これまでの維新の主張と大きく異なり、れいわ・共産に屈したような印象を与えかねないので、再考か撤回すべきです。 維新は、消費税減税をどう実現するのか 今朝のNHKの日曜討論、経済政策のあり方について…

バイデンの外交方針:トランプ(米中冷戦・中東撤退)-関税戦争+人権重視+同盟国重視。

米大統領選の有力候補バイデン氏が発表した外交政策、トランプと比べて、人権と民主主義という価値を重視して、同盟国と協力して、中国と対決するというもので、本気かどうかはともかく、方針としては賛成できます。バイデンが大統領になろうがなるまいが、…

新型コロナウィルス対策、2009年の新型インフルエンザでの失敗も踏まえて、冷静な対応を。

日本も、WHOも、2009年の新型インフルエンザ対策では過剰対応の前歴あり。中国の対応には注意しつつ、冷静な対策が必要です。 中国の情報隠蔽や国際的圧力には注意が必要だが 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、世界保健機関…

三菱電機への大規模サイバー攻撃:「あってはならないこと」から「避けられないこと」へ発想の転換を。

三菱電機へのサイバー攻撃、情報共有の遅れが一つの問題になっています。こうした攻撃の際には、迅速な報告・公表を促すようなインセンティブを与える制度を作るべきです。 これほど大規模なサイバー攻撃でも、報告義務はない? 三菱電機が大規模なサイバー…

小泉環境相の問題提起:安倍政権「日本が石炭火力発電のインフラ輸出しないと中国が席巻する!」⇒日本の融資はベトナムで中国企業に?

日本が融資を検討しているベトナムの石炭火力発電所、中国企業が受注することを小泉環境大臣が批判。小泉大臣の言う通り、海外の石炭火力発電支援での日中協力は、絶対にやめるべきです。 小泉環境相、COP25でのリベンジを図り、石炭火力輸出で戦闘開始 小泉…