日本の改革

日本の改革に関するブログです。あるべき改革や政策等について考えていきます。

2009年の野党・民主党は113人、2012年の野党・自民党は119人、2019年の「野党共同会派」は120人とは言うけれど。

立憲民主党の枝野代表は、2009年と2012年の政権交代時の野党第一党より、今の「野党共同会派」が多いから政権交代可能、と言います。しかし、共産党の選挙協力を得ていては、無理でしょう。 三桁の議席がないと話にならないのは確かだが 今日の日経によると…

与党も官僚も安倍離れ(選択12月号)と言われるなか、安倍総理は経済財政諮問会議で教育国債に言及。次の一手?

自民党内から公然と反旗も翻される安倍総理、経済財諮問会議で、教育国債に言及。解散の大義名分を探すなら、経済対策13兆円だけではなく、教育国債発行で家計負担を恒久的に減らし、一方で、IT人材不足を補うための理系教育投資増で、大学への投資に理解を…

NATOの対中結束のためにも、まず日本が対中政策の転換を!日欧の応分負担でアメリカの負担軽減を!

今後の国際社会が最も警戒すべき中国の覇権主義に対し、NATOが結束するためには、日本が東アジアでの自由民主主義国のリーダーとして、一帯一路への協力を撤回し、香港、ウイグル等の問題で価値観を経済に優先させる外交をすべきです。また、日本も、NATO加…

2014年の増税時以上の小売り落ち込み、13兆円の経済対策はやむなし。学校へのIT端末配備だけでなく、教育無償化の範囲拡大等、教育投資こそ大幅増を!

消費税増税後の公共事業含めた経済対策、景気の現状を考えれば、やむを得ません。全小中学生にPC端末配置を前倒しでやるのは、将来世代向けの政策としては評価しますが、家計への直接支出を増やして、教育無償化の拡大こそ図り、教育コンテンツの充実も図る…

ジョン・ブラウン(♪オタマジャクシはカエルの子♪の元歌の人)の命日に思うこと:後世が裁く政治的暴力の意味

今日12月2日は、19世紀アメリカの奴隷解放運動家ジョン・ブラウンが死刑になった日です。世界中にデモが広がった今年も師走。暴力的な政治行動の意味を考えます。 デモが重要な政治的手段となった2019年 早いもので、昨日から師走、今年もあとひと月ありませ…

イギリス総選挙、未だに移民問題(≒EU離脱問題)で党内対立の労働党、たぶん惨敗では。

12月12日のイギリスの総選挙、世論調査の結果は分かれていますが、与党の保守党が勝つでしょう。労働党は、未だにEU離脱問題の根幹である移民問題で割れています。支持層の労組も反発しており、恐らく、労働党の惨敗でしょう。 労働党、ヒトの自由な移動で未…

中曽根康弘氏の安全保障上の業績:アジアでのソ連の中距離核全廃と、本音を我慢した「非核中級国家」路線

中曽根康弘氏の安全保障上の大きな業績は、アメリカの当初の方針に反対して、アジアでのソ連の中距離核ミサイルを全廃させたことです。核武装も結局は不可能と見切りをつける現実主義も、正しい方針でした。 1980年代の改革派リーダー、101歳の大往生 中曽根…