日本の改革

日本の改革に関するブログです。あるべき改革や政策等について考えていきます。

アマゾン火災と地球温暖化:畜産業含む農業に国際的な「炭素税・配当」政策を。ヴィーガン生活は無理でも、知識は有益。

ブラジルのアマゾンで農業目的での森林破壊と火災が進行中。ボルソナロ大統領が開発規制を緩和した影響も指摘されています。IPCC特別報告を踏まえ、条約で、畜産業含む農業に、温暖化ガス排出に対する課税等を導入する一方、税収を農民等に再分配する、国際…

米中が矢継ぎ早で報復関税の撃ち合い:トランプ氏の意図と、日米貿易協議

米中が矢継ぎ早の関税合戦。来年が大統領選で景気後退の懸念もある中、トランプ氏が何を考えて徹底抗戦しているのか、意図を想像してみます。そのうえで、日米貿易協議の今後につき、日本が取るべき方針を考えます。 習近平の新たな報復関税に、即日で大規模…

韓国の軍事協定破棄:どんなに呆れても腹が立っても、韓国を中国・北朝鮮に走らせてはならない。

韓国のGSOMIA破棄。韓国の判断を非合理的だと批判・嘲笑するのは簡単ですが、外交安保では、非合理的な判断があり得ることは前提とすべきです。協定破棄は韓国はもちろん、日本にもアメリカにも損失です。これ以上、韓国の政権を追いつめて、中国・北朝鮮の…

エリザベス・ウォーレンが倒す経営者第一主義:21世紀資本主義の復活に向けて

アメリカの経済団体ビジネス・ラウンドテーブルが、株主第一主義を見直すと宣言。エリザベス・ウォーレンらの批判を意識したとも見られていますが、ウォーレンはむしろ、経営者第一主義と独占を批判しています。政府(行政機構)の規模を大きくするのではな…

上野宏史厚労政務官の口利き疑惑で垣間見える、外国人労働者に関する政治家利権。

上野宏史厚労政務官、改正入管法の「登録支援機関」にカネを要求した、あっせん利得処罰法違反の疑い。本件に限らず、登録支援機関や監理団体と呼ばれる外国人労働者の仲介会社等と、政治家の関係を、断ち切る必要があります。 上野宏史厚労政務官に文春砲 …

衛星分野で米中逆転。宇宙、5G、海底等の「デジタルシルクロード」で世界支配目指す中国。日米欧は対抗して、巨額の科学技術投資を!

中国は、測位衛星、5G特許数で既に世界一、海底ケーブルにも進出。科学技術でも量子通信等の分野でトップに。こうしたIT技術を使い、世界中で中国共産党の独裁を確立しようとしています。これを可能にした巨額補助金に対抗して、日米欧は科学技術と安全保障…

埼玉県知事選、国の受動喫煙防止対策に反対した大野元裕だけは、絶対に落選させましょう!

埼玉県知事選、行田氏の不可解な出馬取りやめで、改革派不在の選挙戦。県政では、医療・介護が大きな問題ですが、主要二候補は代り映えしません。ただ、大野元裕氏は、参院議員時代に、受動喫煙防止を盛り込む健康増進法改正案に猛反対しました。埼玉県民と…