日本の改革

日本の改革に関するブログです。あるべき改革や政策等について考えていきます。

骨太の方針2019、閣議決定:2021年に消費税増税検討という、去年の骨太方針を踏襲。早ければ、2022年度から消費税率は10%超へ。

3日前に閣議決定した骨太の方針2019、一番のミソは、2021年度に更なる消費増税等の議論を始めるという「骨太の方針2018」をさらっと踏襲していることです。早くて2022年に、消費税率の10%超えを決定しようとしています。 骨太の方針2019への各紙の反応。ほと…

イランに攻撃命令出して10分で撤回。もし攻撃したら、「150人の犠牲」の先に、何が起こりえたのか。

トランプ大統領が、無人ドローン撃墜の報復にイランに攻撃命令出して、イランに150人の犠牲が出ると聞いて、10分で撤回。もし攻撃して、イランと戦争になったらどうなったか、考えてみます。 トランプ大統領の土壇場の判断 ツイッターで、これ見たときには、…

野党焦土作戦の枝野氏、自分の党も炎上か。安倍総理は、消費税隠しと選挙後の国民民主崩壊見込みで、改憲を争点化。

枝野幸男氏、参院選では国民民主を減らすための野党焦土作戦のようでしたが、やり過ぎて立民も伸び悩み、枝野氏の責任問題も。一方、安倍総理は改憲を争点化し、消費税増税を隠し、選挙後の国民民主崩壊で新たな3分の2形成を狙っています。 参院選後、枝野一…

改正健康増進法も、都条例も、あらゆる場所での、受動喫煙防止の配慮・努力義務あり:当面、屋外喫煙所はどうすべきか。

改正健康増進法も、都条例も、罰則なしですが、すべての人に、あらゆる場所での、受動喫煙防止を義務付けています。将来はタバコの製造・販売禁止が望ましいとして、当面、屋外喫煙所をどうすべきか、考えます。 屋外での受動喫煙も防止する義務が、改正健康…

枝野氏、逃げの一手の党首討論:年金の対案は自公との合意の枠内の話、解散には言及一つなし。

党首討論、枝野氏のヘタレぶりが特に際立ちました。年金では、批判は突っ込み不足、対案は自公と合意した「社会保障と税の一体改革」の枠内、解散は言及さえなしです。 党首討論、枝野氏はダメダメ、玉木氏はまあまあ、志位氏は論外、片山氏はうまかった 昨…

誰も望まない米イラン戦争、イラン側の誤解で勃発の可能性あり。日本の与野党は、本件を国内政局にからめるな。

アメリカもイランも望まない米イラン戦争は、イラン側がアメリカの意図を誤解すれば、勃発の可能性があります。日本の与野党は、総理の外交上のメンツ重視や、選挙向けの政府叩きを止めて、冷静に本気で戦争の可能性に備えるべきです。 イランの現場司令官の…

ふるさと納税は地方交付税と「二重取り」分が2300億円。ゼロサムの税収奪い合いは社会的にもムダ。もう廃止すべき。

ふるさと納税で収入が増えても地方交付税交付金は減らず、自治体は二重取りです。返礼品で税収を奪い合うのは社会的にもムダです。返礼品を地元産品に限ったところで、役所の買い上げでは地元産品に競争力はつきません。この制度はもう廃止すべきです。 ふる…